根革の修理

次に紹介するのも、最初のページで少し触れた「根革修理」についてです。持ち手と、それを固定する金具との両方を支える部分であり、鞄の重みが直接かかる部分であるため、持ち歩くものが多ければ多い程ダメージを受けやすい部位となります。それでは、この部分の修理はどのようにして行われるものなのでしょうか、その一部を紹介します。

こちらの修理の場合も、始めに取り外す所から始めます。根革は必ず本体とつながっている部分であるため、取り外しの際に傷を付けないように気を付けて行う必要があります。次に、取り外したパーツの加工を行います。こちらも持ち手の修理の場合と同じく、基本的には似ている材質を利用して同じような根革を作成することになります。修理にかかる時間や費用、可不可については、この革があるかどうかによって変わることになります。

複製品が完成したら、これを専用のミシンを用いて縫合します。後はここに持ち手接続用の金具を接続し、持ち手を戻すことで修理は完了します。こちらの修理も規模としてはそれほど大きいわけではなく、持ち手の修理と同様にあまり時間がかかるものではありません。革がある場合には即日、ないしは数日での修理も可能です。