その他の修理

かばん修理で行うことができる修理は、この他にも幾つか存在しています。ここでは、可能な修理内容についてさらにそれぞれを簡単に紹介します。

最初に紹介するのは「内袋の修理」です。内袋は鞄の内側に当たる部分で、収納しているものが当たる部分でもあります。入れているものによっては傷みやすい部分となっています。内側ということもあり、外から見えない部分であるため、全く同じ革でなくとも修理をお願いすることが可能です。もし調達するのが難しそうな素材が使われている場合、その方向での修理が可能か聞いてみるのも良いでしょう。

次に、「パイピングの修理」についてです。パイピングというのはかばんの角に当たる部分のことです。この部分はぶつけやすい場所であるため、擦り切れてしまったり破れてしまったりというような壊れ方をすることが有ります。そういった壊れ方をした場合には、角やその全周の修理を行うことが可能です。

最後に紹介するのは「ファスナーの修理」についてです。ファスナーで止めているタイプの鞄の場合、金具が外れてしまったり、布の部分が破れてしまったり、あるいは挟まってしまったりというような故障の仕方をすることが有ります。縫直しか、ファスナーの交換となります。

参照サイト / 靴専科_バッグ修理依頼