持ち手の交換

それでは、より具体的にそれぞれのかばん修理作業について紹介します。最初に紹介するのは先のページでも軽く触れた「持ち手交換」の作業についてです。持ち手が傷んでしまったり、外れてしまった場合にそれを補修する作業となります。それでは、作業工程の一部を紹介します。

始めに、傷んでいる持ち手を取り外す所から始めます。どのように接合されているのかが鞄によって違っているため、本体の方に傷をつけないように適切な方法で外す必要があります。これを取り外したら、補修の場合には近い材質の革をはりあわせ、元の状態になるように修理を行います。この時、利用できる革があるかどうかによって補修が可能かどうかが変わることになります。特殊な材質を使っているものの場合、それが理由で補修ができない可能性もあります。

補修ができたら、これを元通りになるように本体に着けて、取っ手用のミシンを用いて縫合すれば取替は完了します。利用できる革がある場合であれば、修理に掛かる時間はあまり長くありません。持ち込みでその場で修理をしてもらうことができるような場合もあるため、急ぎの場合でも相談をしてみると良いでしょう。そうでなくとも、数日中には完了します。